水災害分野の気候変動適応策で国交省が意見募集

国土交通省の社会資本整備審議会・河川分科会に置かれた「気候変動に適応した治水対策検討小委員会」はこのほど、中間とりまとめを公表した。

水災害分野における気候変動への適応策として、比較的発生頻度の高い大雨等に対しては、施設により災害の発生を防止する。また、施設の能力を上回る大雨等に対しては、既設ダム等の運用見直しなどの施策により被害を軽減する。

 

想定し得る最大規模の大雨等に見舞われた場合には、主体的な避難を促すなどして人命を尊重するとともに、壊滅的被害を回避する。