日本植物園協会と環境省が生物多様性で協定締結

(公社)日本植物園協会と環境省は2015年6月18日、「生物多様性保全の推進に関する基本協定書」を締結した。

同協定は、絶滅危惧種の生息域外保全などに関する連携、外来種対策での協力、連絡調整会議の開催などについて定めている。