ディーゼル重量車とバイクの排ガス規制を強化

自動車の写真
※写真はイメージ

国土交通省は7月1日、道路運送車両の保安基準及び関連省令等を改正し、ディーゼル重量車とバイクの排ガス規制を強化した。


中央環境審議会による第10次及び第11次答申を踏まえて、ディーゼル重量車については、排ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)の規制値を、従来よりも約4割低い水準にまで引き下げた。


バイクについては、排ガス中のNOx、炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)に対する規制値を、これまでより最大で約6割低い水準に引き下げた。


このほかにも、排出ガス試験モードを世界統一技術基準に合致させるなどの改正を行った。


ディーゼル重量車及び二輪車の排出ガス規制を強化します(国土交通省)