「CSRと環境法を考える連続セミナー」(無料)のご案内

~企業担当者・弁護士・行政書士・行政担当者・院生・学生必見!~

上智大学法科大学院主催による「CSRと環境法を考える連続セミナー」が、2015年9月から11月にかけて、東京・千代田区の上智大四谷キャンパスで開催されます。受講料は無料(事前の登録が必要となります)。 

連続セミナーでは、弊社代表が毎回のコーディネーターを務め、「より佳き環境法」を実現するため、企業の社会的責任(CSR)や企業を取り巻く環境法の現状と課題などについて、各分野の第一線で活躍する関係者が講義し、今後の展望について語り合います。 

 

講師は、この分野でいずれも著名なコンサルタント、企業人、行政書士、弁護士などからなり、どのテーマも見逃せないものとなっています。

●会場

 上智大学法科大学院203号教室(四谷キャンパス2号館2階)

アクセスガイド http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya

キャンパスマップ http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/map/map_yotsuya  

 

●日時・各回テーマ・講師

 次の日(全6回)のいずれも19:00~20:30

ダウンロード
チラシのダウンロード
「CSRと環境法を考える連続セミナー」チラシ(PDFファイル)
news_150723_01_01.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 750.5 KB

◆申込み方法

受講希望者は、電子メールで法科大学院事務室宛てにお申し込みください。宛先はdjuris@sophia.ac.jpです。

その際、メールの件名を「エコロジー・ロー・セミナー(Aセミナー)申込」とし、下記必要事項を明記してください。

折り返し、事務室からメールにて受講許可証が送付されますので、受講日当日にはその受講許可証を印刷してお持ちください。

① 御名前(漢字)

② 御名前(カナ)

③ 御所属

④ メールアドレス


◆講師プロフィール

9/28(月) 第1回「環境法、企業の現場で何が問題となっているか」

講師: 安達 宏之(あだち ひろゆき)氏  

所属等: 有限会社 洛思社 代表取締役

2002年より洛思社にて「企業向け環境法」「環境経営」をテーマに執筆、コンサルティング、セミナー講師等を行う。ISO14001主任審査員(一般社団法人日本規格協会嘱託)。著書に、『ISO環境法クイックガイド』『クイズで学ぶ環境コンプライアンス』など(第一法規・共著)。上智大学法学部にて「企業活動と環境法コンプライアンス」を講義(非常勤・15年度前半等)。

 

10/5(月) 第回「企業と環境法の半世紀 ~環境法と企業はどのように変わったか」

講師: 鈴木 敏央(すずき としひろ)氏  

所属等: 鈴木敏央ISO事務所代表

エコアクションEA21審査人(IPSuS)。元主任環境審査員(CEAR)。企業の環境法担当者間で最も読まれているベストセラーの書籍『新・よくわかるISO環境法』(ダイヤモンド社)の著者で、著書多数。ソニー本社環境モニタリングセンター長、社会環境部長、環境監査担当部長を歴任後、(株)日本環境認証機構(JACO)取締役技術部長、(株)鈴木敏央ISO事務所代表取締役を経て、現職。環境管理規格審議委員会環境監査小委員会など公職も多数歴任。

 

10/19(月) 第回「EMSと環境法対応の現状報告 ~味の素の取り組み」

講師: 細田 彰(ほそだ あきら)氏  

所属等: 味の素株式会社 生産戦略部

1987年味の素株式会社入社。国内中心に工場にて製造、技術、品質、環境、安全を担当。2012年度より本社にて味の素グループ全体の環境活動の総括を担当。

10/26(月) 第回「環境法務の課題 ~環境法を守れるか」

講師: 尾上 雅典(おのえ まさのり)氏  

所属等: 行政書士・エース環境法務事務所

兵庫県職員として、20012003年度の3年間、産業廃棄物の規制、事業者の指導・監督、許認可業務などに従事。20053月、兵庫県を退職、同年6月、行政書士事務所を開業。廃棄物管理に関する従業員教育、市場開拓・事業承継のアドバイスなど、廃棄物処理法に特化した法務サービスを提供してきた。「実務と行政の考え方の両方に精通した法務アドバイザー」として、講演や法務相談の依頼が全国各地から届いている。


11/9(月) 第5回「弁護士から見た「企業とCSR・環境法」」

講師: 高橋 大祐(たかはし だいすけ)氏  

所属等: 弁護士・真和総合法律事務所パートナー

弁護士(日本)/法学修士(米・仏・独・伊)。日本弁護士連合会CSRと内部統制に関するPT副座長、日本CSR普及協会環境法専門委員会委員、第一東京弁護士会環境保全対策委員会副委員長。専門はグローバルコンプライアンス、CSR法務、環境エネルギー法務、危機管理・紛争解決。著作に「グローバル時代のCSR法務戦略」(証券アナリストジャーナル)、「コンプライアンス時代の事故対応・損害賠償の実務の手引」(民事法研究会・共著)等。


11/16(月) 第6回「ISO14001改正の狙いと環境法 ~EMSはどこへ向かうか」

講師: 黒柳 要次(くろやなぎ ようじ)氏

所属等: 株式会社パデセア 代表取締役

三井造船(株)、(株)長銀総合研究所、(株)イーエムエスジャパン代表取締役を経て、現在(株)パデセア代表取締役社長。環境マネジメントシステムに関し企業等へのコンサルティング、セミナー、審査を中心に活動。CEAR登録環境主任審査員、環境省登録環境カウンセラー、エコアクション21審査人参与、環境社会検定(eco検定)テキスト作成委員、環境省環境コミュニケーション大賞ワーキンググループ委員。


◆関連リンク