エルニーニョと日本の冷夏の相関に周期性?

南米ペルー沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象と、日本のコメ収穫量を左右する猛暑や冷夏などの間に、相関関係の明瞭な時期と不明瞭な時期が数十年周期で繰り返されていることを、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)などの共同研究グループが発見した。

1897年から2013年までの過去117年間分の気象観測データを復元し、太平洋-日本(PJ)パターン指標を再定義した。また、東アジアにおける夏の気温や、東南アジアにおける雨季の雨量、沖縄や台湾を通過する台風の数、日本のコメ収穫量などとの相関について長期解析を行った。

今回の解析により、エルニーニョの発生により日本が冷夏になるという予測が、必ずしもあてはまらない場合があることが示唆される。


日本近海の夏の大気圧分布に数十年規模で変化する関係を発見(JAMSTEC)