再エネ世界フェア2015開幕

「再生可能エネルギー世界フェア 2015」が7月29日から東京ビッグサイトで始まった。7月31日までの3日間で、「第10回再生可能エネルギー世界展示会」と「PVJapan2015」が開催されている。


太陽光パネルの素材
分別された太陽光パネルの素材

太陽光発電協会(JPEA)が主催する「PVJapan」は、太陽光発電専門のものとしては国内最大級の展示会だ。ソーラーパネルだけでなく、保守・メンテナンス、BOS(Balance of System)、保険など太陽光発電にかかわるあらゆる企業が出展する。


なかでも岩手県の環境保全サービスによるブースでは、太陽電池パネルのリサイクル装置「ガラスわけーる」で分別した素材のサンプルが展示され、来場者の注目を集めていた。


小形風力発電機
エグザラスウィンドジャパンの小形風力発電機

一方、「第10回再生可能エネルギー世界展示会」は再生可能エネルギー協議会が主催し、再エネや創エネ・蓄エネ、スマートグリッド、見える化など、エネルギーに関する最先端の技術やシステムが紹介される。


アメリカに本社を置くエグザラスウィンドジャパンは、最新の小形風力発電機を複数展示。今年1月、熊本県に日本第1号機を設置したのを皮切りに、国内でのシェア獲得を目指す姿勢をアピールした。