県立自然公園で太陽光発電施設の設置可能に、青森県がパブコメ

青森県は、県立自然公園条例施行規則の一部を改正するため、意見募集を9月11日まで行っている。県立自然公園の特別地域に、太陽光発電施設を新・増改築する場合の審査基準を定める。従来は「その他の工作物」として許可に係る審査が行われていた。

今年5月に自然公園法施行規則が改正され、国立公園の特別地域に太陽光発電施設を新築する場合の許可基準が追加されたことを受けた措置だ。審査基準は以下の通り。

1)施設の色彩及び形態がその周辺の風致と著しく不調和でないこと。

2)第一種特別地域等で行われるものでないこと。

3)主要な展望地から展望する場合の著しい妨げにならないものであること。

4)山稜線を分断する等眺望の対象に著しい支障を及ぼすものでないこと。

5)その他


ただし、同一敷地内の当該太陽光発電施設の地上部分の水平投影面積の和が2,000平方m以下で、学術研究その他公益上必要であり、かつ、申請に係る場所以外の場所においてはその目的を達成することができないと認められるものについては、この限りでない。

また、従来は届出不要だった普通地域における太陽光発電施設について、同一敷地内の地上部分の水平投影面積の和が1,000平方m以上のものについては、届出を要することとする。

 

「青森県立自然公園条例施行規則の一部改正(案)」についての意見募集(青森県)