ドローン規制する改正航空法が公布

ドローン
ドローンの飛行に対する規制が強化された(写真は都内展示会で)

ドローンなど小型無人機の飛行を規制する改正航空法が、11日に公布された。年内に施行される。違反者には罰則もある。


急速に普及しているドローンは、高度撮影や農薬散布、インフラの点検などさまざまな分野で活用されている。その一方で、人が密集する場所への落下や、空港など要所での飛行事案が発生し、安全性に対する懸念が増している。


改正法は、ドローンの飛行禁止空域と飛行方法を定めた。空港周辺や人・家屋の密集地域の上空では、ドローンを飛ばしてはならなくなる。また、ドローンは日中に、周囲の状況を目視により常時監視して、人や物との間に距離を保って飛行させなければならない。


違反者には最大で50万円以下の罰金が科される。


航空法の一部を改正する法律案について(国土交通省)