第10回 「特別会(特別国会)」

「特別会(特別国会)」は、国会のうち、衆議院の解散による衆議院議員の総選挙後に召集されるものである。国会にはこのほかに、常会(通常国会)臨時会(臨時国会)がある。

日本国憲法は第54条で、衆議院が解散されたときは、解散日から40日以内に衆議院議員総選挙を行い、選挙日から30日以内に臨時会を召集しなければならないと定めている。

 

憲法第70条に基づき、特別会が召集されるとともに内閣は総辞職する。このため、特別会では両議院において内閣総理大臣の指名が行われる。

 

国会法に基づき、特別会の会期は両議院一致の議決でその都度定め、2回延長することができる。