第9回 「臨時会(臨時国会)」

「臨時会(臨時国会)」は、国会のうち、年に一回召集される「常会(通常国会)」以外に、必要があるときに臨時召集されるものである。

日本国憲法第53条は、「内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。」としている。

 

国会法に基づき、臨時会の会期は両議院一致の議決でその都度定め、2回延長することができる。災害対策のための補正予算や、法律審議が必要な場合などに召集されることになっているが、慣例として毎年秋に召集されることが多い。

 

一方、衆議院の解散による衆議院議員の総選挙後に召集される国会を特別会(特別国会)という。