自動運転EVもお披露目、東京モーターショー開幕

「第44回東京モーターショー2015」が、10月29日(木)に開幕。トヨタが燃料電池コンセプトカーを、日産が自動運転システムを採用したEVをお披露目して来場者の注目を集めた。会場は東京・有明の東京ビッグサイトで、11月8日(日)まで。

 

トヨタの「TOYOTA FCV PLUS」
トヨタの「TOYOTA FCV PLUS」

トヨタの「TOYOTA FCV PLUS」は、「エコカー」から「エネカー」への進化を目指したコンセプトカーだ。水素が普及した社会において、クルマの燃料としてだけではなく、電力をつくるインフラの一部として電気を供給する能力を持つ。


日産の「ニッサンIDSコンセプト」
日産の「ニッサンIDSコンセプト」

日産の「ニッサンIDSコンセプト」は、「リーフ」で培ったEV技術と、最先端の自動運転技術を融合。自動運転となるPDモード(パイロットドライブ)と、人が運転するMDモード(マニュアルドライブ)を選択することが可能だ。


テーマ展示「SMART MOBILITY CITY 2015」
テーマ展示「SMART MOBILITY CITY 2015」

また、西4ホールと屋上展示場にはテーマ展示「SMART MOBILITY CITY(SMC)2015」が設けられた。SMCでは、超小型モビリティや最新の電動車いすのほか、水素ガス充填システムなどが展示され、未来に向けた交通システムの可能性を示した。