洋上風力発電などのアセスで環境大臣意見を提出

環境省は10月30日、九州新幹線の整備に伴うJR佐世保線の複線化と、秋田県及び青森県で計画されている洋上風力発電事業について、環境影響評価書に対する環境大臣意見を所管大臣へ提出した。

佐世保線は、2022年度の開業を目指す九州新幹線長崎ルートの整備に伴い、一部区間の複線化が計画されている。国土交通大臣に対する意見では、事業者に対して、発生源対策などの徹底や、事後調査の結果が指針などを達成しない場合には追加的な措置を講ずることなどを求めている。

 

洋上風力発電については、以下の事業についての意見を経済産業大臣に提出した。

①(仮称)秋田港洋上風力発電事業

②(仮称)能代港洋上風力発電事業

③むつ小川原港洋上風力発電事業