HACCPチャレンジ事業を厚労省が開始

厚生労働省は、HACCP(ハサップ)の導入に取り組む食品関連事業者をウェブサイトで紹介する「HACCPチャレンジ事業」を立ち上げ、同事業に参加する食品関連事業者の募集を開始した。

HACCPは、原材料の受け入れから最終製品の工程ごとに微生物汚染や金属混入などの危害をあらかじめ分析し、危害防止につながる工程を監視・記録する衛生管理の手法だ。


同事業の目的は、HACCPに取り組む事業者による、衛生管理の取り組みを支援すること。参加資格は、HACCPによる衛生管理に継続的に取り組んでいることと、HACCP自主点検票を利用してHACCPを構成する規定の手順への適用を自主的に確認していることなど。


HACCP(ハサップ)(厚生労働省)