高木基金が市民科学への助成で募集開始

認定NPO法人高木仁三郎市民科学基金が、市民科学を志す個人やグループの調査研究などを助成する「2016年度国内枠助成」の募集を開始した。12月10日締め切り。

高木基金は、核や原子力の問題に取り組み、2000年に他界した故・高木仁三郎博士の遺志を受け継ぎ設置された。

日本国内及びアジア地域の個人・グループを対象として、市民科学にふさわしい調査研究や、その成果の普及、政策提言などにかかる費用を助成する。