「参院選では、環境・持続派議員を!!」(「環境と文明」2015年11月号より)

藤村コノヱ(認定NPO法人環境文明21共同代表)

 

9月18日未明に多くの反対や疑問を押し切り成立した安保法。その後表立ったデモは減ったものの、違憲性や説明不足の糾弾、参院選での落選運動などは加速しています。安保法の国会での議論が一段落したことを受け、次はいよいよ11月末から始まるCOP21に向けて気候変動議論が活発になるかと思いきや、そうした動きは政治の世界ではほとんど見られません。

 

今年も茨城県常総市などで大きな被害が出たり、以前は台風とは無縁だった北海道で猛烈な暴風雨が吹き荒れるなど、気候変動に伴う異常気象で、国民の生命・財産が脅かされているにもかかわらずです。 


少し前ですが、気候変動議論の重要性に関する政治家の認識不足を実感することがありました。9月30日に開催された「GLOBEアジア・パシフィック議員フォーラム」です。

GLOBE(地球環境国際議員連盟)は、1989年にEU(当時EC)、米国、日本などの国会議員有志が地球環境問題に関する立法者間の国際協力を目的に設立。日本も与野党合せて50名ほどの環境問題に活発に取り組む国会議員がメンバーになっています。私たちNPOも傍聴可能なため、ほぼ毎回参加しています。 

今回は、アジアにおける気候変動、大気汚染、廃棄物・汚濁水問題について各国議員の報告と意見交換が行われました。国会休会中でCOP21を控えての会合なので、いつも少ない日本側議員も今年は多いだろうと期待していたのですが、参加はごく少数。関心の低さを実感しました。しかし、会議自体は次のような点で興味深いものでした...


...続きは環境文明21のホームページでお読みください。

 

※本コラムは、認定NPO法人環境文明21の会報「環境と文明」から提供を受けて掲載しています。

※環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。