ホンダが自社ビルでCO2フリーの水素供給を開始

スマート水素ステーション
Honda和光本社ビルのスマート水素ステーション

ホンダは、高圧水電解システムを採用した「スマート水素ステーション」によるCO2フリーの水素供給を、埼玉県にある同社の和光本社ビルで開始した。

同ステーションは、太陽光発電によって水素を製造し、CO2を発生することなく水素の供給を行うことが可能だ。当初は、同社が保有する燃料電池自動車(FCV)への水素の充填に活用する。

 

将来的には、地方自治体や企業が保有する同社製のFCVにも対象を広げていく。また、東京にある同社の青山本社ビルにもステーションを設置する予定だ。