容器包装リサイクル法の施行状況で経産・環境両省が報告書案

経済産業省と環境省は、容器包装リサイクル法の施行状況の評価・検討に関する報告書案を公表し、意見募集を開始した。

報告書案は、両省の審議会下に置かれた小委員会及びワーキンググループの合同会合でまとめられたもの。

 

容器包装リサイクル制度の現状と成果、評価と課題及び検討の基本的視点などを示した上で、制度の見直しに係る具体的な施策を提案している。

 

リデュース(発生抑制)については、環境配慮設計に関する手引きの活用や優良事例の共有など製造段階に加えて、小売段階における取り組みの必要性をあげている。その一方で、レジ袋有料化は負担の増加につながるとして、消費者の協力を得ながら進めるべきであるとしている。

 

リユース(再使用)については、リユースびん規格の統一化や回収インフラの整備などを進めるとしている。このほかに、分別収集・選別保管、分別排出、再商品化、指定法人のあり方などについての方向性を示している。