地球温暖化対策推進法改正、計画の記載事項など追加

地球温暖化対策推進法が5月27日に改正され、同日施行された。地球温暖化対策計画の記載事項の追加、地方公共団体実行計画の共同策定などに関する規定の整備が主な内容。

国の責務として、温室効果ガスの排出抑制等のための施策や活動に関する普及啓発を行うことを追加した。

また、地球温暖化対策計画の記載事項として、以下の基本的事項を追加した。

 ①温室効果ガスの排出の抑制等のための施策及び活動に関する普及啓発の推進

 ②地球温暖化対策に関する国際協力を推進するために必要な措置

さらに、地方公共団体実行計画について、単独で又は共同して策定することとした。