「市民版環境白書「グリーン・ウォッチ」を編集して」(「環境と文明」2016年5月号より)

藤村コノヱ(認定NPO法人環境文明21共同代表)

グリーン連合が1周年を記念して市民版環境白書「グリーン・ウォッチ」を発行した。これは設立当初から決めていたことで、その目的は二つある。

 

昨年6月5日の環境の日に設立されたグリーン連合が1周年を迎える。東京、京都での設立集会をはじめ、国会議員との意見交換会や主に環境省との意見交換会、シンポジウムなど、予算も少ない中、幹事を中心に精力的に活動してきた。2016年4月末現在会員団体数は76団体である。

 

そのグリーン連合が1周年を記念して市民版環境白書「グリーン・ウォッチ」を発行する。これは設立当初から決めていたことで、その目的は二つある。 

一つは、政府とは異なる視点から日本の環境問題の現状や対策の問題点を分析し、多くの人に知ってもらうこと。

 

ご存知の方も多いと思うが、政府発行の環境白書は、分野ごとに環境の状況や政府が講じた施策、今後講じようとする施策などが記述されている。取りまとめは環境省が行うが、記述内容は閣議決定を経て国会に報告されるため、環境保全に関係する全省庁が編集・執筆に関わっている。

 

そのため、政府の立場からの環境の評価であり、施策の妥当性や正当性を説明するものとなっている。しかしこの内容が、私たちNPOの認識や評価とは一致しないものもある。それが本質的に重要でない場合は両者の見解や立場の相違とすればいい。 

しかし、政権寄りの環境政策が目立つ昨今の状況では、政府の環境白書が、国民の認識や評価を間違った方向に誘導する可能性もあったり、中長期的観点から国益に繋がらないと思える重要事項もある。私たちとしては、これを見過ごすことはできず、日本の健全な環境政策を推進するには、政府とは異なる視点からの認識や評価を、多くの方に知ってもらう必要があると考えたわけである。

 

第二に、政府とは異なる視点からの情報を提供し、NPOの考え方や活動を伝えることで、環境問題への関心を高め解決に向けた市民の参加や行動を促したいという思いである。

 

環境問題は私たち一人一人に関わる問題だが、解決に向け行動する人はあまり増えていない。景気、貧困や格差などほかに社会的課題が多すぎて、ということかもしれない。

 

しかし、「環境」は、全ての生命と暮らし、社会・経済活動の基盤である。それが危機的状況にある今、その解決を政治家や官僚、一部専門家だけに委ねるのではなく、みんなが環境の現状を的確に把握し、各々に相応しい貢献をしてほしい。グリーン・ウォッチがその行動のきっかけとなれば、と考えたのである...

 

...続きは環境文明21のホームページでお読みください。 

 

※本コラムは、認定NPO法人環境文明21の会報「環境と文明」から提供を受けて掲載しています。

※環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。