特定排出者の温室効果ガス排出量、13年度は7億1,667万tCO2

温室効果ガス排出量の内訳(環境省資料より)
温室効果ガス排出量の内訳(環境省資料より)

温室効果ガスを多量に排出する「特定排出者」による、2013年度の温室効果ガス排出量は合計で7億1,667万tCO2となった。

 

経済産業省と環境省は6月13日、地球温暖化対策推進法に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度によって、事業者から報告があった2013年度の温室効果ガス排出量を公表した。

 

温室効果ガスを多量に排出する「特定排出者」の温室効果ガス排出量は、合計で7億1,667万tCO2となった。その95%を特定事業所が占める。

 

報告事業者(事業所)の内訳をみると、特定事業所排出者が1万2,466事業者、特定事業所が1万4,971事業所、特定輸送排出者が1,358事業者となっている。

 

■温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度の概要

環境省報道発表資料より