「世界の中の日本の役割」(「環境と文明」2016年6月号より)

加藤三郎(認定NPO法人環境文明21共同代表)

最近は各分野での日本の衰退を心配することが多くなった。衰退の原因はいろいろあろうが、根本は、日本の人口が減り始め、高齢化が急速に進む“老大国”になりつつあるという人口構造の問題。もう一つは、過去の成功体験の残照の中にずっと浸って、現在のありのままの姿を見ようとしない風潮や知性の怠慢にあるように思えてならない。環境・エネルギー政策分野でもその傾向が顕著だ。

1.衰退するのか、日本

 

私は自分自身を人並みの愛国者であると考えている。何しろ日本チームがオリンピックやワールドカップで活躍すればうれしがるし、日本人学者がノーベル賞をもらったと聞けば我がことのように誇らしくなる。また、イチローやマエケンの大リーグでの活躍振りを聞くと、普段、野球なぞ見もしないくせにソワソワする。

 

しかし、その私も最近は各分野での日本の衰退を心配することが多くなった。衰退の原因はいろいろあろうが、根本は、日本の人口が減り始め、高齢化が急速に進む“老大国”になりつつあるという人口構造の問題。もう一つは、過去の成功体験の残照の中にずっと浸って、現在のありのままの姿を見ようとしない風潮や知性の怠慢にあるように思えてならない。環境・エネルギー政策分野でもその傾向が顕著だ。

私は本誌15年6月号で、ジャーマンウォッチによる地球温暖化対策の国別ランキングを紹介し、その中で日本は主要58か国のなかで、なんと50番目にランクされていることを紹介した。その評価に、ある人は驚き、ある人は評価方法がゆがんでいると言い、多くはハナから無視し、話題にすらしようとしなかった(この団体の最新版では日本のランクはさらに低下)。

 

日本人の多くは、日本の環境技術や省エネは世界に冠たるものと思い込まされているので、このような評価をまともに受け止めようとしていないように思われる。つまり、過去の栄光や誤った情報(大戦中の大本営発表的な)にすがって、現在の実力をしっかり見ようとしていないのではないか...

 

...続きは環境文明21のホームページでお読みください。 

 

※本コラムは、認定NPO法人環境文明21の会報「環境と文明」から提供を受けて掲載しています。

※環境文明21は、環境負荷の少ない持続可能な環境文明社会の構築を目指す環境NPOです。