ウユニ塩湖保全に向けパネル提供、ソーラーフロンティア

ウユニ塩湖
ウユニ塩湖では環境悪化が問題になっている

太陽光発電関連事業を手がけるソーラーフロンティアは、南米・ボリビアでウユニ塩湖の保全活動に取り組む団体にソーラーパネルを提供したと発表した。

 

空を湖面に映し出す「天空の鏡」として知られるウユニ塩湖は、約120万人が訪れる人気の観光地となる一方で、ゴミが増加して環境が悪化し、採取される塩の質も落ちている。

 

同社は、現地での廃棄物問題の解決を目指す「Projecto YOSI」に対して、小型の廃プラ油化装置を動かす電力を供給するためのソーラーパネル40枚を提供した。

ボリビアは現在、民官学が協力して廃プラ油化に取り組んでいる。「Projecto YOSI」は、太陽光発電による廃プラ油化を実現することで、ウユニ塩湖を観光振興と環境保全のモデルケースとしていく考えだという。

 

世界の絶景「ウユニ塩湖」を守るためソーラーパネルを提供(ソーラーフロンティア)