PCB廃棄物処理基本計画を閣議決定

PCB特措法(ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法)に基づく新たな「ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画」が、2016年7月26日に閣議決定された。

同計画はこれまで環境大臣が定める計画だったが、PCB特措法の改正により閣議決定計画となった。

 

今回の変更内容は以下の通り。

 

①高濃度及び低濃度PCB廃棄物の適正処理推進に関する基本方針

②PCB廃棄物の発生量・保管量・処分量の見込み

③高濃度PCB廃棄物・高濃度PCB使用製品、低濃度PCB廃棄物・低濃度PCB使用製品それぞれの適正処理手法

④処分業者・自治体・国・保管事業者・収集運搬業者などの取組内容の明確化

⑤その他

 

ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画の変更について(環境省)