国交省が燃料電池バスの導入に補助

国土交通省は「地域交通グリーン化事業」の計画認定を行い、東京都交通局が実施する事業用燃料電池バスの事業計画を日本で初めて認定し、支援対象とすることを決めた。

同事業は、自動車運送事業者等による燃料電池バス・タクシー、電気バス・タクシー・トラック、超小型モビリティの導入を支援するもの。今回補助金交付事業となったのは11件。

 

東京都が導入するのはトヨタ-日野自動車製の燃料電池バスで、2017年3月頃になる予定。災害時には避難所での発電システムとしても活用できるという。

 

燃料電池バス導入事業について補助金交付事業として初めて認定(国土交通省)