日本企業の気候変動対策を話し合うシンポ

シンポジウム「世界に後れを取ったか!?日本企業の気候変動対策」が、11月30日(水)午後1時30分から、東京・品川の東京都南部労政会館で開催される。NPO法人環境文明21の2016年度全国交流大会で、参加無料。

同シンポでは、海外企業の動向やメディアから見た日本企業の動きなどについて、コンサルティング会社の専門家やジャーナリストが解説する。また、京都大学名誉教授の松下和夫氏が、長期脱炭素発展戦略に向けての提言を行う。

後半のパネルディスカッションでは、パリ協定の目標達成に向けた日本企業のポテンシャルについて、NPOスタッフを交えて話し合う。終了後に懇親会あり(有料)。詳細は下記リンクで。

 

「世界に後れを取ったか!?日本企業の気候変動対策」(NPO法人環境文明21)