亜鉛含有量とカドミウムの暫定排水基準の適用期限を延長

11月15日に関係省令が改正され、亜鉛含有量とカドミウム及びその化合物に係る暫定排水基準がそれぞれ延長された。

排水基準を定める省令等の一部を改正する省令が改正され、亜鉛含有量に係る暫定排水基準が適用されている金属鉱業、電気めっき業、下水道業の3業種について、現行の暫定排水基準(5mg/L)を維持するとともに、適用期限を2021年12月10日まで5年間延長した。

また、水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令が改正され、カドミウム及びその化合物に係る暫定排水基準が適用されている金属鉱業、溶融めっき業について、現行の暫定排水基準を維持するとともに、適用期限を延長した。

①金属鉱業:2019年11月30日まで3年間延長

②溶融めっき業:2017年11月30日まで1年間延長