「長期低炭素ビジョン」まとまる

2050年とそれ以降の低炭素社会に向けた「長期低炭素ビジョン」が、平成29年3月16日に開かれた中央環境審議会の地球環境部会・第14回長期低炭素ビジョン小委員会においてまとめられ、環境省が同日公表した。

長期低炭素ビジョンの概要は以下の通り。

①気候変動問題(気候変動問題に関する科学的知見、パリ協定の意義、日本の長期的目標等)

②パリ協定を踏まえた世界の潮流

③日本が直面する経済・社会的課題

④脱炭素社会の構築を見据えた長期大幅削減に向けた基本的考え方

⑤長期大幅削減の絵姿(2050年80%削減を実現する社会の絵姿、各分野における大幅削減の社会像)

⑥長期大幅削減の実現に向けた政策の方向性(新たなイノベーションの創出・普及、カーボンプライシング等)