基本用語アーカイブ

環境、CSR、法令に関する用語をわかりやすく解説。


第11回 「閉会中審査」

「閉会中審査」は、国会の閉会中に行われる審査のことである。衆議院及び参議院の常任委員会と特別委員会は、各議院の議決がある場合には閉会中でも審査を行うことができる。

続きを読む

第10回 「特別会(特別国会)」

「特別会(特別国会)」は、国会のうち、衆議院の解散による衆議院議員の総選挙後に召集されるものである。国会にはこのほかに、常会(通常国会)臨時会(臨時国会)がある。

続きを読む

第9回 「臨時会(臨時国会)」

「臨時会(臨時国会)」は、国会のうち、年に一回召集される「常会(通常国会)」以外に、必要があるときに臨時召集されるものである。

続きを読む

第8回 「常会(通常国会)」

「常会(通常国会)」は、国会のうち、年に一回召集されるものである。国会には常会のほかに、臨時会(臨時国会)特別会(特別国会)がある。

続きを読む

第7回 「通知・通達」

「通知」とは、特定の人や不特定多数の人に対して、特定の事項を知らせる行為のことをいう。法令分野では、行政官庁などが所轄する機関等に対して発する指示として用いられる。


続きを読む

第6回 「EMS」

「EMS」は、英語の"Environmental Management System"の頭文字をとった言葉で、「環境マネジメントシステム」や「環境管理システム」と訳される。


続きを読む

第5回 「CSV」

「CSV」は、英語の“Creating Shared Value”の頭文字をとった言葉で、「共通価値の創造」や「共有価値の創造」と訳される。米国の経営学者であるマイケル・ポーターが提唱した。


続きを読む

第4回 「CSR」

「CSR」は、英語の“Corporate Social Responsibility”の頭文字をとった言葉で、「企業の社会的責任」と訳される。

続きを読む

第3回 「八条委員会」

「八条委員会」は、国家行政組織法第8条に基づき国の省庁に附属して設置される機関である。審議会や調査会、審査会、委員会などさまざまな名称のものがある。

続きを読む

第2回 「三条委員会」

「三条委員会」は、国家行政組織法第3条に基づき設置される機関であり、紛争に係る裁定やあっせん、規制などを行う。

続きを読む