「ISO14000セミナー 環境法・順守義務研修コース」のご案内

~順守義務についての知識を向上し、確実に達成するために!~

環境マネジメントシステム(EMS)の運用において、環境法規制に適切な対応ができるようにするための基礎やヒントを学ぶ「ISO14000セミナー 環境法・順守義務研修コース」が、2016年8月1日(月)に東京・港区の(一財)日本規格協会で開催されます。弊社代表・安達宏之が研修講師を務めます。

EMSに取り組む企業の中には、自社のEMS運用における法規制対応に課題があるものの、何をすればよいのかについて悩んでいるところが少なくありません。また、自社のEMS運用における法規制対応にどのような課題があり、何をすればよいのか分からないといった問題も散見されます。

本セミナーは、すでにEMSを運用している企業の担当者が受講することを前提として、以下のポイントを抑えることにより、法規制の「運用」に力点を置いた内容になっています。

 

 ①EMSと環境法(規格改正を含む)

 ②環境法の体系と主要法のポイント

 ③実務上の法規制対応の課題と対策

 ④法改正解説

EMS運用において環境法規制に適切に対応できるようにするための、基礎やヒントを学びたい担当者の方におすすめです。ぜひご参加ください。


 

●日時・会場

 日時:2016年8月1日(月)9:30~16:30(休憩:12:30~13:30)

 会場:東京・港区三田3丁目13番12号 三田MTビル 一般財団法人日本規格協会本部ビル(地図・外部リンク)

●講師

 (一財)日本規格協会 ISO14000セミナー講師グループ

 ※弊社代表・安達宏之が研修講師を務めます

●受講料

 一  般:3万2,400円(税込)

 維持会員:2万9,160円(税込) 

 ※参加費にはテキスト・資料代が含まれています。

●申し込み方法

 (一財)日本規格協会ホームページより(外部リンク)

 http://seminar.jsa.or.jp/seminar/seminar_dtl.php?cd=01_03_2h


安達 宏之(あだち ひろゆき)=有限会社洛思社代表取締役。2002年より洛思社にて「企業向け環境法」「環境経営」をテーマにした執筆、コンサルティング、セミナー講師等を行う。ISO14001主任審査員(一般社団法人日本規格協会嘱託)。著書に、『ISO 環境法クイックガイド』『クイズで学ぶ環境コンプライアンス』など(第一法規・共著)。上智大学法学部にて「企業活動と環境法コンプライアンス」を講義(非常勤・15年度前半等)。