「CSRと環境法を考える連続セミナー」(Aセミナー)のご案内

~Sophia Ecology Law Seminar 2016~

「より佳き環境法」を実現するために、ソフィア・エコロジー・ロー・セミナーの趣旨を踏まえて、企業の社会的責任(CSR)や企業環境法の現状と課題について、各分野の第一線で活躍する関係者が講義し、今後の展望について語り合います(写真は昨年の様子)。


 

●会場

 上智大学法科大学院203号教室(四谷キャンパス2号館2階)

 アクセスガイド / キャンパスマップ

●日程・講義時間

 講義時間は各回19:00~20:30(講義、質疑応答・議論含む)

 日程は下表を参照

 

1回 2016/11/7(月)

環境法対応の現状報告① (仮)

大竹 利幸氏(前田建設工業株式会社 CSR・環境部)

2回 2016/11/21(月)

環境法対応の現状報告② (仮)

樽谷 俊彦氏(ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社 経営戦略本部 経営管理部)

3回 2016/12/5(月)

循環産業の法対応と新戦略~大栄環境株式会社の取り組み~ 

大塚 健護氏(大栄環境グループ 本部 総務部総務担当次長)

4回 2016/12/19(月)

ジャーナリストから見た「企業と環境法」

井田 徹治氏(共同通信社編集委員 兼 論説委員)

5回 2017/1/16(月)

EMSの現状と課題ISOとエコアクション、これまでとこれからを考える

黒柳 要次氏(株式会社パデセア代表取締役)

6回 2017/1/30(月)

企業は環境法とどう付き合うべきか(まとめ)

筑紫 圭一氏(上智大学法学部)、安達 宏之氏(洛思社代表取締役)ほか

●講師

 コメント:筑紫圭一(上智大学法学部准教授)

 コーディネーター:安達宏之((有)洛思社代表取締役)

●受講料

 無料

●申し込み方法

 受講希望者はメールの件名を「エコロジー・ロー・セミナー(Aセミナー)申込」として、下記事項を明記の上、法科大学院事務室宛てにメールでお申し込み下さい(djuris@sophia.ac.jp)。

 折り返し、メールで受講許可証を送付します。受講日当日には、その受講許可証を印刷してお持ちください。

 ①お名前(漢字)、②お名前(カナ)、③御所属、④メールアドレス、⑤受講希望回


●講師プロフィール

 

 

1回「環境法対応の現状報告①(仮)」

大竹 利幸(おおたけ・としゆき)氏 / 所属等:前田建設工業()CSR・環境部

1985年、前田建設入社。19968年、一般財団法人 先端建設技術センターに出向(建設リサイクル広報推進会議事務局・環境関連検討業務)。2000年環境部、2002年より環境事業部門に移動、2008年、環境管理部門に復帰(社外活動:日建連 環境経営部会他、東建協 環境委員会、国交省 建設副産物物流のモニタリングWG)。

2回「環境法対応の現状報告②(仮)」

樽谷 俊彦(たるたに・としひこ)氏 / 所属等:ポッカサッポロフード&ビバレッジ()経営戦略本部 経営管理部

1983年、()ポッカコーポレーション(現ポッカサッポロフード&ビバレッジ())入社。お客様相談室、広報室、環境室、自動販売機開発営業、総務部(兼務含む)を経て現職。2015年度より環境・CSR担当。消費生活アドバイザー、第一種衛生管理者、環境プランナーER、エコピープル。

3回「循環産業の法対応と新戦略 ~大栄環境株式会社の取り組み~」

大塚 健護(おおつか・けんご)氏 / 所属等:大栄環境グループ 本部総務部 総務担当次長

大栄環境グループの総務統括業務を担当するとともに、コンプライアンス研修会の企画・開催から各部門に対する内部監査業務を担当。更に、イオングループとの食品リサイクルループ事業やヤマトホームコンビニエンスと連携したクロネコ小型家電リサイクルサービス事業等の新規事業企画業務も担当。

4回「ジャーナリストから見た「企業と環境法」」

井田 徹治(いだ・てつじ)氏 / 所属等:共同通信社編集委員 兼 論説委員

共同通信社つくば通信部、科学部記者、ワシントン支局特派員などを経て、現在、編集委員兼論説委員。環境、エネルギー、開発問題を25年以上、取材し続ける。『生物多様性とは何か』『グリーン経済最前線』(以上、岩波新書)、『有害化学物質の話』(PHPサイエンス・ワールド新書)など著書多数。

5回「EMSの現状と課題: ~ISOとエコアクション、これまでとこれからを考える」

黒柳 要次(くろやなぎ・ようじ)氏 / 所属等:()パデセア代表取締役

三井造船㈱、㈱長銀総合研究所、()イーエムエスジャパン代表取締役を経て、現在()パデセア代表取締役社長。環境マネジメントシステムに関し企業等へのコンサルティング、セミナー、審査を中心に活動。CEAR登録環境主任審査員、環境省登録環境カウンセラー、エコアクション21審査人参与など。

6回「企業は環境法とどう付き合うべきか(まとめ)」

筑紫 圭一(ちくし・けいいち)氏 / 所属等:上智大学法学部准教授

専門は、行政法・環境法。東京都行政不服審査会委員。著書に、『行政裁量論』(放送大学教育振興会、2011年)(共著)、『産廃判例を識る』(環境新聞社、2016年)(分担執筆)など。

安達 宏之(あだち・ひろゆき)氏 / 所属等:()洛思社 代表取締役

「企業向け環境法」「環境経営」をテーマに執筆・コンサルティング等を行う。ISO14001主任審査員、エコアクション21中央事務局判定委員会委員。著書に、『ISO環境法クイックガイド』(第一法規・共著)など。上智大学法学部にて「企業活動と環境法コンプライアンス」を講義(非常勤・17年度前半等)。


●リンク

 2016年度ソフィアエコロジーローセミナー【Aセミナー】のご案内(上智大学法科大学院)

 

●チラシダウンロード

ダウンロード
「CSRと環境法を考える連続セミナー」チラシ(PDF 140KB)
news_161004_01.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 140.4 KB