2016年全国学生環境ビジネスコンテスト、9月に東京・代々木で開催

学生団体「em factory」が主催する「全国学生環境ビジネスコンテスト」が、2016年9月12日(月)から17日(土)に、 東京・渋谷区代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されます(資料/文中写真提供=em factory)。 


◆「全国学生環境ビジネスコンテスト」とは?

 

em factoryが主催する「全国学生環境ビジネスコンテスト」は、環境とビジネスの両立を図る施策を、大学生と大学院生が企業に対して提案する、未来志向の環境ビジネスコンテストです。

 

最大の特長は、学生が企業や自治体の直面する課題に参画し、実際に学生の声が反映される「課題解決型」である点。コンテストでは、課題を提供する企業やコンサルタントのアドバイスを受けながら、環境問題の解決に役立ち、かつ実現可能なビジネスプランをチームごとに策定します。

 

評価ポイントは、①環境性、②ビジネス性、③斬新さ―など。ディスカッション、アドバイス、プランニングセミナー、交流会などを含めて5泊6日の集中型合宿方式で行われます。過去に400名以上の学生が参加し、協賛企業の数は100社を超えます。

学生が企業などの直面する課題解決に参画できる点が最大の特長(写真は昨年のコンテストより)

 

◆「em factory」について

 

em factoryは、環境問題をビジネスの視点から考えることにより持続可能な社会の構築を目指す学生団体で、2004年に発足しました。名称は「ecoなmoneyを作り出すfactory」の頭文字を取ったもので、その理念は次の2つです。

 

 ①ビジネスにおける既存の判断軸に、環境という軸を加え考えられる人材を輩出する

 ②企業が抱える環境に関する課題を、学生の新たな視点から解決する

 

em factoryはこれらの理念を実現するために、環境問題を収入を伴うビジネスという切り口で解決していくことを目的として、「全国学生環境ビジネスコンテスト」を始めました。 

昨年のコンテストに参加した学生たち

 

◆2016年は9月に東京・渋谷で開催

 

2016年の「全国学生環境ビジネスコンテスト」は、9月12日(月)から17日(土)に、 東京・渋谷区代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されます。

 

参加費は1万5,000円。定員30人で、7月20日(水)までに振り込むと1,000円割引となる「早割」や、過去に参加した人が対象の「リピーター割」などの特典もあります。

 

コンテストの応募は以下のフォームから行うことができます。

 

コンテスト応募フォーム

 

◆環境セミナーなど関連企画も

 

コンテストの開催に先立って、環境セミナー「研究者にもサラリーマンにもならなかった僕が世界一周して見つけた仕事」が、7月14日(木)午後7時から東京・豊島区池袋の立教大学池袋キャンパスで行われます。応募は下記フォームで。

 

環境セミナー応募フォーム

 

◆関連リンク

 

em factory